[飛海寨城地獄変]の小説情報

あらすじ
 プラテメルダ歴二〇二五年。日光届かぬ飛海寨城の闇の中に、龍神神門はいた。
 摩訶不思議な組織に、親友ともどもその存在を改竄されて……記憶すら曖昧なままで。
 戦争が生んだ背徳の街、飛海寨城が今熱く燃える。機械巨人が削り合う硝煙と血の味の巷で、彼が見たものは?
種別 連載〔全12話〕
年齢制限 R-15
文字数 45,410文字
1話当たりの平均文字数 3,784文字
掲載日 2016年 12月 27日 14時 58分
最終投稿日 2017年 01月 16日 23時 07分
感想 0件  ⇒感想ページを見る
総合評価(話別評価除く) 0pt
総合評価 0pt
作品(文章)評価 平均:0pt 合計:0pt (0人)
作品(ストーリー)評価 平均:0pt 合計:0pt (0人)
話別評価 平均:0pt 合計:0pt (0人)  ⇒話別評価内訳を見る
お気に入り登録 0件
完結設定 連載中
警告キーワード 15歳以上, 残酷描写
キーワード ロボット
原作 オリジナル作品
ジャンル SF,ファンタジー
作品の傾向・要素 ダーク,エンターテイメント,復讐,ハードボイルド,ハイテク 
時代/世界/舞台  
主要登場人物 戦士,軍隊,美形,少年